H30年度サマーコンサート H30年度衛生士向けオープンホスピタル 平成30年度リーダー研修会 平成30年度ささ竹が登場 平成30年度伊東歯科口腔病院施設説明会 平成30年度ノロウイルス勉強会 歯科衛生士養成校教職員向けオープンホスピタル 第79回創立記念表彰会 幼稚園歯科検診 平成30年度 健康を創る教室講演 病院対抗バトミントン大会in玉名 H28年熊本地震感謝状 医療法人伊東会30年度新人研修 H30年度医療法人伊東会入社式 臨床研修指導歯科医講習会 伊東歯科口腔病院の現況 オープンホスピタル 創立75周年記念会

H30年度サマーコンサート

 8月10日(金)19:30から当院3F会議室にて、毎年恒例の伊東歯科サマーコンサートが行われました。

伊東歯科パラダイスオーケストラ、略して歯科パラは、職員とその家族で構成された音楽集団です。

そしてこの会は入院患者さんや地域の方、スタッフの皆さんと音楽を楽しむ時間で、だんだん演奏メンバーもやる気が増してきたのか、お揃いのTシャツで演奏して、お揃いのタオルで汗を拭いていました。

真夏の夜の暑さを、パワフルな演奏で吹き飛ばした後は、しっかりと打ち上がったみたいでした。

皆さんも来年はぜひ、楽しい夜のひと時にお越しください。

H30年度衛生士向けオープンホスピタル

 7月28日(土)に、歯科衛生士・歯科技工士を対象に「平成30年度 伊東歯科口腔病院オープンホスピタル」が、当病院会議室にて行われました。九州各地の、4学校施設から総勢11名の生徒がお見えになり大盛況でした。

はじめに当法人の理事長から挨拶があり、そのあとで病院長から病院概要の説明がありました。

それから、当病院の歯科衛生士から話しがあり、最後に福利厚生の説明がありました。みなさん熱心に聴いている姿がとても印象的でした。

おわりに当施設を見学して頂き、最後は昼食をみんなで食べて情報交換を行いました。

平成30年度リーダー研修会

 7月17日(火)当院3F会議室にて、各部署のリーダーを対象に、福岡で弁護士として活躍されてる先生を講師を招いて内部研修会を行いました。

「職員のパフォーマンスを引き出す良好な職場環境作りのためのハラスメントの予防と対策」という内容で1時間30分間講演していただきました。パワーハラスメントの線引きやセクシャルハラスメントは職場に不必要であること、マタニティハラスメントにならないような配慮の仕方など

わかりやすく説明して頂き、参加した職員は熱心に聞き入っていました。講演後は質問も積極的に行われ充実したいい研修会となりました。

今後よりよい職場雰囲気になると確信しました。

平成30年度ささ竹が登場

 七夕の由来は、皆さんもご存知の織姫・彦星の星物語から始まります。

新暦の7月7日はまだ梅雨のさなかで星空もよく見えないかもしれませんが、旧暦の七夕は現在の9月にあたり夜空もきれいです。

月遅れで東の空を見上げてみてはいかがでしょうか。

平成30年度伊東歯科口腔病院施設説明会

 6月24日(日)に、平成30年度 医療法人伊東会 伊東歯科口腔病院施設説明会が、当院での臨床研修希望の方を対象に会議室にて行われました。

日本各地の6大学から総勢18名の方がお見えになり大盛況でした。

はじめに当法人の理事長から挨拶があり、そのあとで研修管理委員長から施設の説明がありました。

その後、昨年臨床研修歯科医として当院で研修を終了された先生より経験談の話しがありました。

みなさんとても熱心に聴いている姿がとても印象的でした。最後に、当施設を見学して頂き、昼食をみんなで食べてお開きとなりました。

平成30年度ノロウイルス勉強会

 6月8日(金)、15日(金)に新人職員向けノロウイルス勉強会及びシミュレーションが当院、院内感染対策委員会主催により行われました。

これは、院内で嘔吐などの事案が発生した場合、患者様の安全を第一に考え迅速かつ正確に対応する為に当院で毎年行っている勉強会です。

延べ人数22名の参加者が講習を受けた後、シミュレーション訓練を行いました。

参加者からは、有事の際には迷うことなく処理することで、2次災害を未然に防ぎたいという声が聞かれました。

歯科衛生士養成校教職員向けオープンホスピタル

 2018年5月26日に、当院3階会議室において教職員オープンホスピタルが行われました。

県内外の専門学校および大学より5校、計10名の参加でした。理事長の挨拶からスタートし当病院の概要、エルダー制教育システム、福利厚生について説明がありました。

※7月28日に学生対象のオープンホスピタル開催予定です。

第79回創立記念表彰会

 5月25日(金)に伊東歯科口腔病院第79回創立記念表彰式が8:00より当病院3F会義室で行われました。

昨年1年間で学術、アイデア、功労、そして永年勤続の項目で当院の発展に大きく寄与した職員や団体を発表しました。

今年度は総勢45の個人と団体が受賞しました。

幼稚園歯科検診

 5月21日(月)に幼稚園児を対象に歯科検診を実施しました。

当院からは理事長をはじめ他7名のスタッフが担当しました。園児達の緊張を和らげるため、エプロンシアターからスタートし歯ブラシの動かし方を練習し本番の検診に入りました。約2時間の検診も園児達の積極的な参加によりスムーズに歯科検診を終了することができました。

平成30年度 健康を創る教室講演

 5月10日(木)に黒髪コミュニティーセンターにて行われた黒髪老人会の「健康を創る教室」で、当院の伊東隆利理事長が講演いたしました。

この教室では毎年講演させていただいており、今年も地域の老人会の方52名に参加していただきました。

今回のテーマは「口のケアで健康寿命を伸ばそう!!(楽しい老後は歯と共にやってくる)」でした。日頃の口腔ケアが誤嚥や肺炎の予防に繋がることや、 平均寿命やその他の病気に関わってくることなど、口腔ケアの大切さについて講演いたしました。また、歯科衛生士による口の体操と発声練習を参加者全員で実践し、活気ある講演会となりました。

 最後に、参加された方々に、今食べられる物を硬さごとに分けた食事アンケートを取りました。ほとんどの方が硬い食べ物を食べられるという素晴らしい 結果が出ました。今後も地域の皆様に貢献できるよう取り組んで参りたいと思います。

病院対抗バトミントン大会in玉名

 H30年4月30日に、「平成30年度春季(第44回)熊本県病院対抗バドミントン大会」が玉名市総合体育館で行われました。32施設61チームが参加、出場者、運営スタッフ総勢400人の大盛況で、体育館内には大きな声援が飛び交っていました。

伊東歯科口腔病院からも2チーム13名で参加し、各予選リーグで熱戦を繰り広げました。

惜しくも決勝リーグにはすすめませんでしたが、気持ちの良い汗をかき、心地よい疲れとともに再戦を誓いました。

H28年熊本地震感謝状が授与されました

 H30年4月16日に、熊本市長からH28年熊本地震感謝状をいただきました。

これからも社会貢献に積極的に取り組んでまいります。

医療法人伊東会30年度新人研修

 H30年4月14日、15日に医療法人伊東会の新人研修が水前寺共済会館「グレーシア」で行われました。

研修医6名、看護師3名、歯科衛生士7名、栄養管理室1名、事務局5名、22名の新入社員および指導スタッフ11名の計33名の参加で行われました。医療法人伊東会の新人研修は2日間に渡り、社会人、医療人としてのあり方を学び、同期の絆を深める目的で毎年行っています。

 まずは全員で医療法人伊東会の理念を唱和、組んだ相手を皆に紹介する他己紹介、医療法人伊東会の概要、

各部門の紹介、基礎講座、医療安全、全身管理、接遇セミナー、BLS(一次救急救命処置)と盛りだくさんの内容でした。

懇親会の時には、「医療安全かるた」を行い大変盛り上がりました。

非常に充実した1泊2日の新人研修を終えました。

H30年度医療法人伊東会入社式

 2018年4月2日に伊東歯科口腔病院会議室において、H30年度医療法人伊東会入社式が行われました。

伊東歯科口腔病院に歯科医師6名、看護師2名、歯科衛生士7名、事務局3名、栄養管理室1名、臨床研修医6名、

いとう歯科医院に歯科医師1名、総勢26名の新入社員を迎えて盛大にとり行われました。全員緊張の中に希望に満ちた表情でした。

臨床研修指導歯科医講習会開催

 平成30年3月17日、18日に当院主催、熊本県歯科医師会共催にて臨床研修指導歯科医講習会を行いました。

当日は32名の受講される先生方、及び複数の大学よりタスクフォースとしてご指導いただく先生方にお越しいただき、無事執り行うことができました。

2日間のグループワーク、プレゼンテーション、講義と大変お疲れ様でした。

ご参加ありがとうございました。

-地震発生から1年を経過して- 伊東歯科口腔病院の現況

 熊本地震で被災された皆様方に、心よりお見舞い申し上げます。

また、全国から心温まる数多くのご支援や、匿名での義援金等をいただき、誠にありがとうございました。


 伊東歯科口腔病院は4月14日(木)午後9時26分の前震と、16日(土)午前1時25分の本震、その後の余震を不安の中に経験いたしました。被災当日の入院患者様は全員無事で、スタッフも家族とも全員の無事が確認され、おかげ様で人的被害は免れました。

しかし分院であるゆめタウンはませんの3階に入居する、いとう歯科医院は建物全体の被害が大きく、現在仮診療所での診療を行っております。

伊東歯科口腔病院(以下当院)では、地震直後、電気・水・ガスのライフラインが一時ストップする中、当院のスタッフの自主的かつ懸命な復旧活動により、入院患者様の安全の確保、地域歯科診療支援病院として救急対応を継続することができました。また地震直後は、3日間にわたり、地域の方々の避難所として最大で50人程度を収容し、水・食料・毛布等の支援も行いました。

活動とともに水・食料が乏しくなり、熊本市水道局、自衛隊の支援を得、また全国の皆様から水・食料・歯科診療材料・その他生活物資を毎日数多く届けていただきましたので、この危機を乗り越えることができました。この皆様からの多大なるご支援のおかげで、当院は速やかに復旧し、18日(月)から救急歯科診療を含む通常診療をすることができました。

 また、ゆめタウンいとう歯科医院は仮診療所での診療を行っておりましたが、おかげさまで2017年4月30日(日)より、従前のゆめタウンはません3階にて診療を再開する運びとなりました。患者様には大変不便をおかけし深謝いたしますとともに、仮診療所まで引き続き診療にお越しいただきました皆様には大変感謝いたしております。

 以上、伊東歯科口腔病院は、皆様のご支援により、平常通りの地域歯科診療支援病院としての診療体制に戻すことができましたことを、ご報告申し上げ、厚く御礼申し上げます。

今後ともスタッフ一同、これまで以上に誠心誠意、安全・安心、質の高い医療サービスの提供に鋭意取り組んでいく所存です。

平成29年4月18日
医療法人伊東会 理事長 伊東隆利
伊東歯科口腔病院 院長 伊東隆三
いとう歯科医院 院長 伊東泰蔵

オープンホスピタル(歯科衛生士養成学校と大学教員対象)

 2014年6月31日に、当院3階会議室において教職員対象オープンホスピタルが行われました。県内外の専門学校および大学より4校計10名の参加申し込みがありました。

 まずは、伊東隆利理事長から歯科界における現況と当病院の概要について説明があり、その後、江崎事務局長より奨学金制度、小沢局長補佐より福利厚生および子育て支援プログラムの説明を行いました。続いて中村歯科衛生士部部長より当院の歯科衛生士エルダ―制教育システムについて説明があり、その後、院内の内覧を行いました。内覧後は理事長、院長および当院のスタッフと先生方で昼食会、様々な質疑応答を行いました。

 今後8月30日に学生対象のオープンホスピタルが行われます。

医療法人伊東会創立75周年記念会・阿蘇郡市歯科医師会との連携調印式・第二回連携医療感謝の集い・篠原正徳顎顔面再建・再生センター長就任祝賀会

 2014年6月29日にホテル日航熊本にて、医療法人伊東会創立75周年記念・第二回連携医療感謝の集い・篠原正徳 顎顔面再建・再生センター長就任祝賀会が行われました。

 まず、同ホテル天草の間で講演会、その後、阿蘇の間で懇親会が開催されました。

 講演会では、始めに伊東隆利理事長より医療法人伊東会がこれまで歩んできた歯科医療、業績の説明、今後の歯科界の展望(10年後の歯科界)および医療法人伊東会の目標(かかりつけ医と拠点施設との連携、歯科医療満足度の向上等)、篠原正徳先生の顎顔面再建・再生センター長就任について述べられました。

 次に、伊東隆三院長より医療法人伊東会の現況報告(職員構成・認定医・専門医関係・施設認定)があり、開放型病院および地域歯科診療支援病院の説明、共同診療の利点、実際の診療風景と臨床統計について説明しました。また今後の展開として、高度・先進医療の拠点として地域歯科診療への貢献や医科病院との密接な連携について説明、各歯科診療所への支援体制、患者への思いやりのある医療、若手を育成する学術的研究の発表などについて説明しました。

 続いて、阿蘇郡市歯科医師会との連携医療調印式が行われました。阿蘇郡市歯科医師会からは市原誓志会長、武藤健史先生、甲斐田英俊先生にご出席いただき、連携医療の協定調印を行いました。これで県内6つの歯科医師会(熊本市・菊池郡市・天草郡市・玉名郡市・山鹿市)と連携を結ぶことができました。

 最後に、国立病院機構熊本医療センター名誉院長の宮崎久義先生を座長に、今年4月に医療法人伊東会 顎顔面再建・再生センター長に就任された篠原正徳先生(前熊本大学大学院生命科学研究部歯科口腔外科学分野教授)の記念講演会が行われました。

 熊本県における病病連携、病診連携の現状と変遷、今後の課題について、口腔外科の立場から講演され、医療連携の変遷・口腔外科の関わり・専門医の現状・医療連携の構築にあたっての提言について講演されました。

 17時からは懇親会が行われ、後藤副院長の開会の挨拶から始まり、伊東隆利理事長、伊東隆三院長、伊東泰蔵いとう歯科医院院長の主催者挨拶があり、創立75周年への思い、地域連携の先生方への感謝を述べられました。続いて篠原正徳顎顔面再建・再生センター長より新任の挨拶があり、続いて来賓として、宮崎久義先生(国立病院機構熊本医療センター名誉院長)、浦田健二先生(熊本県歯科医師会会長)、市原誓志先生(阿蘇郡市歯科医師会会長)に祝辞をいただき、元熊本県歯科医師会会長の堤直文先生に乾杯の音頭で開宴となりました。また、懇親会開始から森義臣先生率いるブラスバンド「ゆめのねいろ」の皆さんに演奏していただき、和やかな雰囲気の中、地域連携の先生方との交流が行われ、普段の医療連携の御礼を各スタッフよりお伝えいたしました。懇親会中盤では当病院の各部門の長の紹介が行われ、今後とも地域連携医療に貢献できるよう先生方にご支援・ご助言をお願いいたしました。最後に伊東会同門会会長である藤波好文先生より万歳三唱の音頭を取っていただき、篠原直幸臨床研修部長の挨拶をもって閉会いたしました。

 ご出席いただきました先生方はおよび関係者の皆様、ありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

矯正親子教室(第102回)

 2014年6月7日に当院会議室において矯正親子教室が開催されました。

 これは当院の矯正科担当の歯科衛生士が、矯正治療を始めたばかりの方とそのご両親を対象に行っている教室です。

 今回の参加者は5名(大人2名、子ども3名)で、矯正治療の意義やメリット・デメリット、不正咬合の種類、代表的な矯正装置などについてスライドを使って説明し、その後ブラッシング指導を行いました。 2か月に1回開催しておりますので、参加ご希望の方は当院矯正科へお問い合わせください。 参加されたお子さんには素敵な歯ブラシセットお渡ししています。

第65回インプラント教室

 2014年4月26日に医療法人伊東会伊東歯科口腔病院会議室においてインプラント教室が開催されました。これはインプラント手術を考えられている方対象に疑問や質問にお答えし、インプラントについて詳しくご説明する教室です。今回参加者は10名で、当病院でのインプラント治療の流れ、看護師の役割、手術後のメインテナンスについて画像、映像で説明しています。

 月1回土曜日に相談・説明会を行っております。インプラントに興味がある方、もっと知りたい、質問されたい方はぜひご参加ください。スタッフが各参加者の席に周りますので、気軽に質問できます。詳しくは伊東歯科口腔病院、インプラント教室担当者までお問い合わせください。

医療法人伊東会26年度新人研修

 2014年4月19日、20日に医療法人伊東会の新人研修がアソシエイト(南阿蘇)で行われました。歯科医師10名(臨床研修医を含め)、歯科衛生士13名、事務8名、看護師4名、35名の新入社員および指導スタッフ9名の計44名の参加で行われました。

 医療法人伊東会の新人研修は2日間に渡り、社会人、医療人としてのあり方を学び、同期の絆を深める目的で、毎年行っています。

 まずは全員で医療法人伊東会の理念を唱和、組んだ相手を皆に紹介する他己紹介、医療法人伊東会の概要、各部門の紹介、基礎講座、医療安全、全身管理について講義を受けた後に隆三院長が開放型病院・地域支援病院のあり方について講義されました。その後はワークショップ、BLS(一次救急救命処置)レクチャー、実践を行い、あっという間の1泊2日の新人研修を終えました。


「新人研修を終えて」 新人代表 有薗ケイラ(歯科医師)

 4月より臨床研修医として伊東歯科に勤務させていただいています有薗ケイラと申します。当病院はスタッフが多く、様々な職種の方が働いており、始めのころはスタッフの名前や仕事を覚えることで精一杯の毎日でした。私は長崎から来ましたので知り合いがほとんどおらず、交流できる機会が欲しいと思っていましたが、新人研修があり、1泊2日密度の濃い時間を過ごさせていただきました。職場ではなかなか関わることのないスタッフとワークショップやBLS、食事会を通し、互いの職業への理解、交流を深めることができました。

 職員数173名と人数の多い中で、このような研修を受けさせていただいたことで、医療法人伊東会の一員としての自覚と“仲間”であることへの喜びを実感しました。

 新人研修後も同期との交流は続いており、毎日職場のあちこちで出会うと自然と笑顔がこぼれ、充実した毎日を送っています。

 この機会をきっかけに人とのつながりや助け合いを大事にしながらこれからも励んでいきたいと思います。

九州看護福祉大学口腔保健学科 淀川尚子先生・日本赤十字熊本病院健康管理センター 柴原さん(歯科衛生士)学術論文報告会

 2014年4月10日、医療法人伊東会伊東歯科口腔病院会議室において、九州看護福祉大学口腔保健学科専任講師の淀川尚子先生、日本赤十字熊本病院健康管理センターの歯科衛生士 柴原聖子さんの論文報告会が、九州看護福祉大学から口腔保健学科長の徳永淳也先生も参加され、活発な討論が行われました。この研究は当院の歯科衛生士が調査、協力したもので、今後の歯科衛生士の臨床に生かせるようにしていきたいと考えています。

伊東隆利理事長 日本歯科医師会 会員有功章受賞

 2014年3月14日に日本歯科医師会館で行われました平成25年度会員有功章授賞式で伊東隆利理事長が受賞されました。

 この賞は長年の歯科保健衛生への貢献や歯科医師会役員および代議員を長年務め、社会福祉の向上に貢献した会員を表彰するもので、伊東隆利理事長を始め6名の先生方が受賞されました。式典の中で日本歯科医師会の大久保満男会長が「地域での功績が歯科界を支えており、会員を代表して感謝したい。歯科医療界は厳しい状況ではあるが、未来に希望をもって国民の健康を守るために努力する。受賞者の先生方はまだまだお元気なのでこれからも先頭に立って導いていただきたい」とご挨拶を述べられました。

 伊東隆利理事長は、地域住民の歯科医療に力を注ぎ、昭和50年から有床の歯科医療施設として二次的医療を担ってこられました。昭和54年から熊本市歯科医師会常任委員会委員、理事、平成6年から熊本県歯科医師会常務理事、平成12年から副会長に就任、長きに渡り第一線に身を置きながらも会員や医療従事者の学術向上、行政との連携強化に努められました。また平成21年5月1日には日本で唯一、初めての民間歯科病院を立ち上げられ、歯科大学のない熊本県の地域歯科診療支援病院、開放型病院として地域医療の推進に貢献されています。この功績が認められ受賞となりました。この栄誉はひとえに今までご協力いただいた皆様方のご厚情のおかげだと思っております。今後も当院は伊東隆利理事長の指導の下、一層地域歯科医療に努力を尽くしたいと考えておりますので、ご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

地域医療連携歯科医の集い

 2014年4月27日に医療法人伊東会伊東歯科口腔病院会議室において第35回地域連携歯科医の集いが開催されました。これは当院と地域連携の登録をされている先生方との症例報告および勉強会となっており、今回21名の先生方の参加がありました。

 まずは共同診療発表としてパール歯科・矯正歯科クリニック宇土院 院長 植木修平先生と当院の診療科長である中井大史先生の「歯根端切除術の症例と術式」について報告がありました。続いて当院の箕田達也先生による「インプラントオーバーデンチャーに対する考察」、伊東隆三院長による「開口を伴う骨格性下顎前突症の外科的矯正治療」の臨床報告があり、次いで連携医の先生方の症例相談と検討会が行われました。

医療法人伊東会入社式・臨床研修開講式

  

 2014年4月1日 医療法人伊東会伊東歯科口腔病院会議室におきまして平成26年度入社式および歯科医師臨床研修開講式が行われました。今年度は歯科医師5名、歯科衛生士12名、看護師3名、給食1名、事務8名が入社し、臨床研修歯科医として6名の歯科医師が研修開始となりました。

 まずは医療法人伊東会の理念、モットーを全員で唱和し、医療法人伊東会を代表して伊東隆利理事長を皮切りに伊東歯科口腔病院代表の伊東隆三院長、いとう歯科医院代表の伊東泰蔵院長にご挨拶をいただきました。その後、新入職員代表として歯科衛生士の早上実沙さん、臨床研修歯科医師の代表として今村圭吾先生がそれぞれ新入社員挨拶、研修医挨拶を述べられ、終了いたしました。

 新しいスタッフ共々、これまで以上に地域歯科医療に専念してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

顎顔面再建・再生センターの設立並びに同センター長就任のお知らせ

初夏の候、皆様におかれましては、ご清栄のことと存じます。

さて、このたび伊東歯科口腔病院におきまして、篠原正徳 前熊本大学医学部大学院生命科学研究部歯科口腔外科学分野教授を顎顔面再建・再生センター長としてお迎えいたしました。

篠原正徳先生は、皆様ご承知のように九州大学歯学部卒業後、口腔病理学、口腔外科学を修められ、ドイツ ヴィルツブルグ大学ロイター教授の指導を受けられ、平成10年より熊本大学医学部歯科口腔外科学講座教授として着任されました。

今後は開放型病院の目指す連携歯科医療を通して、地域の拠点歯科口腔病院として歯科医療の向上に貢献していきたいと考えております。

着任後は地域との連携を積極的に勧められ、特に口腔癌治療においては日本における第一人者として多くの人の生命と生活を助けてこられました。平成26年3月に定年退官を迎えられ、その後当病院に御着任いただきました。

今後は篠原正徳先生と、伊東歯科口腔病院スタッフが一丸となって地域医療に貢献したく存じております。 今後とも皆様のご指導、ご鞭撻をどうぞよろしくお願いいたします。

医療法人伊東会 理事長 伊東隆利
伊東歯科口腔病院 院長 伊東隆三

伊東武嗣先生生誕100年記念会

 2014年1月31日、伊東歯科口腔病院会議室において、伊東武嗣先生の生誕100年記念会が開催されました。当院勤務スタッフが全員参加し、まずは医療法人伊東会 伊東隆利理事長より医療法人伊東会の沿革について説明され、創始者である伊東武嗣先生のご紹介および功績を述べられました。その後、伊東隆三院長、いとう歯科医院長の伊東泰蔵先生が伊東武嗣先生の思い出を語られました。

 伊東武嗣先生がお亡くなりになられて12年の歳月が経ち、昔を知る医療法人伊東会のスタッフも数少なくなってまいりました。そのような中、伊東会の歴史と伊東武嗣先生が積み上げたきたものを改めて認識することができました。

 最後に当院に40年前に勤められていた歯科技工士の村田章太郎さんの近況の報告を伊東隆利理事長がご報告され、第1回伊東武嗣賞が授与されました。

伊東隆三院長就任披露パーティ

 2013年12月1日、ホテル日航熊本において伊東隆三先生の院長就任祝賀会が行われました。

 2013年10月1日をもちまして、伊東隆利先生が医療法人伊東会の理事長に専念、新たに伊東隆三先生が伊東歯科口腔病院の病院長に就任しました。その院長就任祝賀会およびお披露目の会が開催され、医科・歯科の連携医の先生方をはじめ、医療法人伊東会同門会、熊本県医師会および熊本県・市歯科医師会の先生方、当院スタッフなど238名が出席しました。

 始めに医療法人伊東会いとう歯科医院の伊東泰蔵院長より開会の挨拶および主催者である伊東隆利理事長から医療法人伊東会の沿革と伊東隆三院長のご紹介があり、伊東隆三院長より、院長就任挨拶がありました。その後、来賓の衆議院議員 木原稔様、厚生労働省健康局長 佐藤敏信様、(株)肥後銀行代表取締役 甲斐隆博様、熊本県歯科医師会会長 浦田健二先生よりご祝辞をいただき、熊本県医師会会長の福田稠先生に乾杯の発声をいただき開宴となりました。県内外より多くの方にご出席いただき、当院スタッフとも連携交流を図っていただきました。最後に熊本市歯科医師会会長の宮本格尚先生に祝辞と万歳三唱をいただき閉会となりました。多くの方々にご出席および、お祝いのお花、祝電をいただきまして、誠にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

医療法人伊東会

伊東歯科口腔病院

〒860-0851熊本県熊本市中央区子飼本町4番14号

Copyright(C)2014 伊東歯科口腔病院.Rights Reserved.