当院の特徴・資格関係

伊東歯科口腔病院の特徴

 当院は、開放型病院、地域歯科診療支援病院としての役割を果たしております。 開放型病院とは、かかりつけの先生と当院の歯科医師とが共同して診療できるものです。 地域の医療機関様と高度医療機器や手術施設、病床などを共同で利用できるようになっており、 地域の皆様の口腔の健康のお手伝いをしています。
また、地域歯科診療支援病院として、常勤の歯科医師2名以上、看護師2名以上、歯科衛生士1名以上を 配置し、 地域の歯科医院様からの紹介を受ける体制を整えております。

 当院の診療の目的としては、歯や歯肉、顎(あご)など口腔領域を総合的に診療し、歯・口からの健康づくりを行うことです。 スタッフには口腔外科、歯周病、小児歯科、矯正、一般歯科、麻酔の専門家を擁し、基礎的な歯科診療をはじめ、 顎関節症、インプラント、在宅訪問歯科、有病者、障がい者診療についても積極的に展開しています。 なかでも顎変形症や唇顎口蓋裂患者の診療は咬合、咀嚼、発音、顎発育などを考慮し、口腔外科、矯正歯科医との連携による 一貫した治療システムを整えております。
高齢者、有病者などの歯科診療においては麻酔科専門医・歯科麻酔専門医が術中モニタリングでの全身管理を、 インプラント診療においては、インプラント関連専門学会の指導医、専門医が手術を担当し、 歯科放射線専門医によるCT等の画像分析を基に清潔、高機能な手術室で行われます。
 また、急患の方に対し、当直歯科医師、看護師、歯科衛生士による24時間急患体制で歯科処置を実施し、 救急病院への往診をはじめ、顎顔面外傷患者の受け入れ、手術を行っています。 入院については24床の設備があり、手術や処置後の安楽な療養生活を可能としています。

診療科目

歯科 ・ 歯科口腔外科 ・ 小児歯科 ・ 矯正歯科 ・ 麻酔科(医師:後藤倶子)

沿革

1939年
伊東歯科口腔科醫院として設立
1975年
有床(10床)歯科施設へ
1980年
医療法人伊東会設立
1989年
日本口腔外科学会研修施設指定
1996年
厚生省歯科医師臨床研修施設指定
2009年
開放型病院(入院ベッド24床を備える全国初の歯科口腔病院)
2010年
地域歯科診療支援病院

当院の資格関係

機関(認定・資格)

  • 歯科医師臨床研修施設
  • 更生(育成)医療指定機関
  • (公社)日本口腔外科学会研修指定医療機関
  • 日本矯正歯科学会研修指定医療機関
  • 日本成人矯正歯科学会認定研修施設
  • 日本歯科麻酔学会教育研修指定医療機関
  • 日本歯周病学会研修指定医療機関
  • 日本障害者歯科学会臨床経験施設指定
  • 日本補綴歯科学会研修指定医療機関
  • (公社)日本顎顔面インプラント学会研修指定機関
  • 日本有病者歯科医療学会研修施設
  • 歯科医師臨床研修制度研修施設:福岡歯科大学、日本大学歯学部、九州歯科大学、鹿児島大学歯学部、九州大学歯学部、広島大学歯学部、長崎大学歯学部歯科医師臨床研修制度研修施設(協力型施設、協力施設)
  • 熊本歯科技術専門学校臨床実習医療機関
  • 熊本歯科衛生士専門学院実習医療機関
  • 九州看護福祉大学歯科衛生士実習医療機関
  • 済生会熊本病院医療連携施設
  • 国立病院機構熊本医療センター医療連携施設

学会認定歯科衛生士・歯科技工士

日本歯周病学会認定歯科衛生士
立花しのぶ、中村昌代、夘野木加織、柴田直子
日本口腔インプラント学会認定歯科衛生士
立花しのぶ、中村昌代、柴田直子、上村由貴、松田みなみ、秋山花菜絵、徳美愛
日本口腔インプラント学会認定歯科技工士
福田典大、ザルスキー泰子
日本歯科衛生士会認定歯科衛生士
中村昌代、田辺ちさと
日本成人矯正歯科学会認定矯正歯科衛生士2級
上村由貴、石渕佳菜子

医師・歯科医師の資格については、こちらをご覧ください。